K'sの休日~ドライブ編~

「男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり」というのはかの有名な紀貫之の土佐日記のはじまりですが、それにあやかり、土佐の高知は大月町一切から「皆もすなるブログといふもの我もしてみむとてするなり」とはじめたスタッフ日記です。暇つぶしにお読みください。

さて、冬場のK’sはというと、お天気のいい平日は、エアコンの移設準備、壊れた階段や手すりの補修、道路の補修などなど体力勝負の日々(夏場も体力勝負ですね)。ここ数日は雨が降り続いたり、やんだと思ったら大風と、潜りにいく気力もなくゴロゴロしていました。
こういう日は朝からゆっくり新聞を隅から隅まで読んでいます。(忙しいときは一週間分まとめて読んだりするので・・)そうするとなかなか面白い記事に当たったりするのです。

私が前々から気になっていたのは、昨年できたばかりの「道の駅とおわ」。普段通る国道58号線より格段に車の通りが少ない国道381号線沿いにあるにもかかわらず、順調に客足を伸ばしているとのこと。ついでにその周りをいろいろ探索してみようと言うことで、四万十町(窪川町と大正町と十和村が合併)のあたりを下調べしていたのですが、出発当日、中山パパの目を引いたのが、間伐材を使って休憩所を作っていると言う記事。同じ四万十町内ということで、急遽目的地を追加し、朝から昼まで半日停電という、この寒さの中どうやって過ごせばいいの?と思っていた昨日、行って来ました。

まずは、いつもの道を四万十市内まで。国道441号線は、以前、中山パパは通った事があるというので、今回は国道439号線を選択。まずは四万十市街地からすぐの安並水車の里へ。
e0128918_20204211.jpg

本日、水車は回っていませんでした。水路の中に何かいないかなぁ~と思ってみてしまうのは、ダイバーの習性でしょうか?道端に小さなオオイヌノフグリが咲いていました。

水車を後にし、「道の駅四万十大正」をめざして439号線をひた走るK’s号。途中「大型車は通れません」や「バイパス早期実現を!」の看板を見つつ、住次郎峠へと入ったとたんわが目を疑う光景が・・・(笑)
e0128918_20213414.jpg

一台通るのがやっとの幅の道が、延々と続いていました。(柏島の昔のくねくね道より狭かった!)れっきとした国道。道路なんとか税でこの道も広くなるか、バイパスができるかするのでしょうかねぇ・・?まあ、高知県内こういう道は至る所にあるので、もう慣れっこですが。さすがに国道とは・・。

そんなこんなで、ようやく大正に到着。「道の駅四万十大正」では、ヤイロチョウについてお勉強。県鳥なのですが、県内でもめったに見られない鳥だそうです。もちろん中山パパの撮影魂に火がついたことは言うまでもありません。
次に、今回のもしかすると中山パパ一番の目的(?)、蔵元へいきました。ここは日本酒も有名ですが、何といっても栗焼酎「ダバダ火振り」を忘れてはいけません。今や大人気のこの焼酎、蔵元さんでも、お1人様2升までと決めてありました。
e0128918_2024176.jpg

酒蔵の壁に酒壺が沢山積んであるのわかりますか?

それから十和のほうへ向かいました。途中には観光スポットも多々あり、ゆっくり見て回っても面白そうです。次の目的地は「道の駅とおわ」。木のぬくもりがいっぱいの、柔らかい感じの道の駅です。ここで昼食。レストランは四万十川が一望できるようになっていて、とても眺めがよく落ち着ける雰囲気でした。平日ということで、混雑はしていませんでしたが、それでも客足が途絶えることなく続いていました。居心地がいいというのが人気の秘密かな?
e0128918_20263857.jpg

ここでようやく四万十町の観光地図を手に入れることができました。そして急遽思い立った目的地の「森が内桜公園」と反対方向に移動していたことが判明。一路、松葉川温泉を目指して窪川方面へいくことになりました。
国道381号線は片側一車線づつですが、道幅が広く追い越し可能なところが多いので、すいすい走れます。四万十川の川沿いを通っているので、沈下橋も走りながら見ることができました。(時間がないので止まらなかったのですが・・)またこのあたりは農家民宿も多く、泊まりがけで田舎体験もできるそうです。
さて、またまた狭~い田舎道をひた走り、松葉川温泉までは何とかたどり着けたものの、肝心の「森が内桜公園」がさっぱりわからず、ホテルのフロントで聞いてみると道を教えてくれましたが、本当にこれでいいのだろうかと思うような道で・・、ようやく目的の建物が見えた時にはホッとしました。
e0128918_2026789.jpg

e0128918_20271780.jpg

間伐材といっても立派な木でした。曲がった木もうまく使ってありますね。中山パパはひたすら加工の方法に関心が・・。今日は作業してなかったので、作っている方々にはお会いできず。ここに野外ステージができる予定。完成したらまた見に来たいです。桜の木もたくさんあってお花見にはいいでしょうね。今度は温泉にでも泊ってゆっくりがいいなぁ~。ここまで来ると四万十川の源流も近いので、足腰鍛えて山登りもいいかもしれません。

帰りはいつもの国道58号線。大方の「道の駅ビオスおおかた」にも寄って帰ってきました。往復290kmを走破。その間「宿毛サニーサイドパーク」と「ふれあいパーク大月」の二つの道の駅もあるので、あれこれ見比べても面白いかもしれませんね。ちなみに、野菜やお魚の直販は断然、大月が品数も量も多く、値段も安いと思うのは地元びいきのせいでしょうか?

帰ってくるとお留守番のリク嬢の熱烈歓迎!久しぶりのミニトリップでした。
[PR]
by ksissai | 2008-02-01 20:33 | お出かけ