はや5年・・

大月町に越してきてすぐに育てることになった、初代愛娘リクが天国へ行って・・、はや5年。
生後ひと月半ぐらいで出会ったころには、両手ほどの大きさで、何か嫌なことがあると職場の玄関の下駄箱の下の5cmほどに隙間に入って全然出てこなかったり、小さい川でも「渡れないよ~」とクンクン泣いて甘えるような子でしたが、ドックフードより高カロリーであろう残りものの魚のエサを食べ、海から山まで自由に駆け回り、のびのびと育ったためか誰が見ても「大きな犬!」といわれるくらいに成長(笑)

なぜか?箱に入るのが大好きで、段ボール箱はもちろん、絶対入れないと思ったお買い物かごにまでちゃっかり!(笑)
e0128918_13483831.jpg

これにはさすがにびっくり!!
みんなに優しくされて育ったので、人が大好き♪人懐こすぎて、一度野犬狩りの人に捕まったことも・・。でも捕まえた人があまりにも人慣れるしているからおかしい?と思って、わざわざ聞きに来てくれて、事なきを得ました。トラックの荷台の檻から出してもらうときも、おじさんが遊んでくれるのかと思って、喜んでましたからねぇ・・(苦笑)
嬉しいと尻尾を振るんじゃなくて、ブルンブルンまわしてました。まぁ、尻尾は私を朝起こすためにも使われてましたけど・・。暑いのが大の苦手だったので、夏場は夜明けとともに、戸をバンバン尻尾で叩いて、「散歩行こ~♪」って言われてました。

そんなリクも2006年子供を産んだことがありました。夜中に大雨が降った翌朝、小屋を覗いてみると・・。
e0128918_13483871.jpg

何だかみょーに数が多いんだけど・・(汗)白黒、白茶、濃茶、薄茶、黒3の計7匹!全部メス!!

2週間でこんなに大きくなりました。窮屈そうよね~(笑)
e0128918_13492921.jpg

あっちこっちに子犬小屋を移動したり、人の気配を感じるとエサくれ~!!と一斉に泣き出すので、外に出るときはそ~っと(笑)子犬の鳴き声が、沖で餌やりしている養殖の人にまで聞こえていたそうな・・(汗)
e0128918_1349252.jpg

1匹は怪我して、1匹は鹿児島にもらわれていき、残った5匹は子犬譲渡会へ!元気に育ったかなぁ~?

そうしてひとり残ったリクは優雅に(?)お昼寝。
e0128918_13501425.jpg

いまだにリクを知っている人からは、「あの犬は賢かったね~」といわれますが、一度餌をもらった人とか、可愛がってくれる人のことは、数年会わなくてもちゃ~んと覚えていて、会った時には熱烈歓迎!こちらがびっくりするほどでした。

チャミとは姿形も性格も全然違うけど、どちらも可愛い娘。チャミは長生きしてくれるかな・・。
[PR]
by ksissai | 2014-02-04 13:59 | わたくしごと